>

風景


開業場所の重要性(2016.2.1)

歯科を開業するに当たって重要になってくる点の一つに、立地があります。

いくら技術があり、最新の道具を用意していても、通いづらい場所では患者さんも集まりません。

今回は開業するに当たって気をつけなければいけない立地条件の話をしていきましょう。

開業場所を決めるにあたって最低限調べておかなければいけないのは、開業予定地周辺の人の流れです。

歯科医院に通う患者の行動エリアは、2キロ半径だといわれています。
半径2キロ以内に何世帯住んでいて、競合となる歯科医院はあるのかを調べましょう。

また住んでいる世帯数に対して、何パーセントくらいの人が医院周辺の道を通るのかを知っておくのも重要です。人の通らない所に医院を立ててしまっても、誰も気づいてくれません。

普段通る道に新しくお店が立つとそれだけで印象に残りますよね。
普段通る道のここには歯科医院がある。と印象付けておくことが大切なのです。
いざ開業してみたら人がまったく通らない場所だった。とならないためにも、開業を考えている場所の周辺を散策し、年齢層、人数、人が集まりやすい場所かなどを確認しておきましょう。



TOP開業サポートコンサルティング費用カテゴリ・エリア会社概要お問い合わせ業界豆知識

Copyright (c) JUST-ONE All Rights Reserved.