成功している歯科医院の216の法則

スタートダッシュ開業ノウハウ

お問い合わせ2

業界豆知識ブログ

東京エリアで歯科開業でお悩みでしたら是非ご相談ください!集患力ナンバーワン宣言!ハイパー内覧会システムで予約数100名超から歯科医院開業スタートが出来ます!さらに今ならお問い合わせ頂いたお客様全員に経営プログラムDVD「成功している歯科医院の216の法則」の無料プレゼントを実施しています!半年で40万点を実現できる歯科医院になる為のスタートダッシュ歯科起業ノウハウを完全公開!歯科開業初日からしっかり患者さんを集めたい」「信頼出来る業者にコンサルティングしてもらいたい」とお悩みの方はお気軽にお問い合わせください!


こんな方は迷わずお問い合わせください

コミック1

【前代未聞の開業コンサル】


ユーザーの真理と同行の基本原則

前代未聞の開業コンサル

JUST-ONEなら「DTP・インフラ・広告」「集患へ繋げる手法」「webプロデュース」などトータルサポートしてもらえる!

お問い合わせ2

成功する歯科医院には明確なシステムがあります。技術と認識、能動的認知作業、情報開示、欲求への解決力、マーケティング、組織形成、プロモーションといった事業力・経営力を構築してから、歯科開業時に結果を出せる状態にすること、ユーザーの心理と動向を考えることが重要です。独自のアドバイスは従来のよくあるコンサルティング会社の内容とは違います。成功する歯科医院開業をお考えの方は是非ご連絡ください。


医院先生たちの声


おかげさまで多くの先生から好評の声をいただいております!

患者が来るにはそんな理由があったのか

コミック2

事例から仕組みを完全公開致します

メディアでも話題の敏腕コンサルタント


証券会社勤務を経て、歯科業界へ転身。著書【成功している歯科医院216の法則】 世界初【ポリリン3Dホワイトニングシステム】の全国セミナー開催など多くの実績がある敏腕コンサルタントです!

お問い合わせ2

他では教えてくれない新しい歯科開業コンサル!集患の概念が違います!弊社ではトータルプロデュースすることで地域社会にしっかり結びつく、結果の出せるサポートをするために印刷物や他のツールなどもお任せいただけます!「どこも一緒で比較・検討できない」ということにならないためにユーザーが自分の意思で比較・検討し選んでいただける歯科医院を形成致します!お悩みの際は歯科集患・増患のプロフェッショナル・チームにお任せください!


関連サイト及びメディア情報

様々なメディアで掲載されています!

成功している歯科医院の216の法則

お問い合わせ2

ホームページは患者さんと歯科医院をつなぐ「関係を構築するツール」です。誘導的にユーザにストレスを与えることなく求める情報を円滑に与える、ウェブ上での患者さんとの関係を構築させるプラットホームとしての運営までサポートいたします!お問い合わせいただいたお客様には生の事例から仕組みを完全公開致しますのでお悩みの際は是非!メディアでも話題の敏腕コンサルタントがお客様を徹底サポート!今なら「成功している歯科医院の216の法則」の経営プログラムDVDを無料でプレゼントしています!こちらのキャンペーンは在庫が無くなり次第終了となりますので是非お問い合わせください!


1

歯科開業をしたいと思っても、歯科医師には時間も、起業するための専門的な知識もありません。
開業のためには完璧な事業計画書の作成、医療機器の選定や人事労務といった専門的な問題を解決していくために、それぞれの分野を専門にしている専門家。外部ブレーンの力を借りる必要があります。
歯科医院起業の為に必要な外部ブレーン

歯科機材業者 : 物件探し、診療圏調査、事業計画書作成、保健所手続きなど
税理士・公認会計士 : 物件探し、事業計画書作成、金融機関紹介など
歯科医療コンサルタント : 物件探し、診療圏調査、事業計画書作成、金融機関紹介など
社会保険労務士 : 労働保険成立届け、その他社会保険の手続き
広告専門業者 : 開業広告(チラシ、ポスティングなど)
看板業者 : 看板などの作成
ホームページ作成業者 : ホームページ作成

以上のような専門家が、歯科開業のためには必要になってきます。

自分ひとりの力で全てをこなそうとせず、専門家の力を借り、より自分の理想にあった医院の開業を目指しましょう。


1

歯科を開業するに当たって重要になってくる点の一つに、立地があります。
いくら技術があり、最新の道具を用意していても、通いづらい場所では患者さんも集まりません。今回は歯科起業するに当たって気をつけなければいけない立地条件の話をしていきましょう。
歯科開業場所を決めるにあたって最低限調べておかなければいけないのは、歯科開業予定地周辺の人の流れです。
歯科医院に通う患者の行動エリアは、2キロ半径だといわれています。
半径2キロ以内に何世帯住んでいて、競合となる歯科医院はあるのかを調べましょう。
また住んでいる世帯数に対して、何パーセントくらいの人が医院周辺の道を通るのかを知っておくのも重要です。
人の通らない所に医院を立ててしまっても、誰も気づいてくれません。普段通る道に新しくお店が立つとそれだけで印象に残りますよね?普段通る道のここには歯科医院がある。と印象付けておくことが大切なのです。
いざ開業してみたら人がまったく通らない場所だった。とならないためにも、歯科開業を考えている場所の周辺を散策し、年齢層、人数、人が集まりやすい場所かなどを確認しておきましょう。


1

歯科医院起業する際、様々な保健に加入することになります。 その中でも必ず入っておいたほうがいい団体信用生命保険。
歯科開業資金を借りるときに、おそらく金融機関から進められるとは思いますが、ローンの契約者が返済中に万一の事故や病気で死亡した場合、生命保険金で金融機関に借入金を全額返済してくれる保険です。
受取人は金融機関になり、特約料も安いとは言えませんが、家族に莫大な借金を残すことだけは避けなければならないので、必ず入ることをお勧めします。
また団体信用生命保険の特約料は全額が必要経費となるため、税金面でも有利になります。
そのほかにも家族を保険金の受取人とする生命保険にも加入しておくと安心です。
また万が一医療上の事故が発生し、患者さんへの賠償額が高額に及んだ場合に備えて、損害保険の歯科医師賠償責任保険には必ず加入しましょう。
そのほかにも建物を守る火災保険や、施設賠償人保険など、どの保険に入っておくべきかじっくり吟味をし、一人ではわからないときは税理士やコンサルタントなどのアドバイスを受け、いざというときに備えた保険をしっかりと選んでいきましょう。


1

歯科開業をしようと考えている歯科医師の皆様にとって、どの時期に歯科開業するのが一番いいのか。というのは、とても気になるところだと思います。

たとえば耳鼻咽喉科であれば、花粉のシーズンが始まってから開業したのでは、既に患者さんは他の医院に通ってしまっています。ですので、患者数の最も多いスギ花粉の時期、2月中旬よりも2ヶ月前の11月。
内科であれば、インフルエンザの予防接種や、風邪がはやって来院数が多く見込める11月の2ヶ月前、9月に歯科開業をするのが望ましいとされています。
しかし歯科医院にとって、患者数の多く見込める時期。というのははっきりとはありません。
しいて言えば4月に学校や会社の身体測定で引っかかってしまった方を見込んでの2月、3月歯科開業でしょうか。
しかしそれも患者さんの来院数が増えたり、新規の患者さんが来院される絶対的な要因としては弱いです。
ですが反対に、歯科医院起業するに当たって最も適さない時期、というのは存在します。
それは一年の中で一番暑く、少し調子が悪いくらいでは、患者さんはなかなか外に出ようとは考えない8月です。また8月にはお盆休みがあるため、患者さんが集まりにくくなる上に、スタッフにも休みを与えないといけません。
仮にお盆も休まず診療しようと考えていたとしても、スタッフ全員が同じ気持ちでいるとは限りません。勤めた早々嫌気がさして、大切なスタッフが辞めてしまうケースも少なくはないのです。
歯科開業に適した時期というのははっきりとはないので、8月をさけ、自分の一番好きな時期での歯科開業を目指しましょう。


お問い合わせ2


歯科開業TOP開業サポートコンサルティング費用カテゴリ・エリア会社概要お問い合わせ業界豆知識


Copyright (c) JUST-ONE All Rights Reserved.